岐阜市内科の長良内科クリニック|生活習慣病・特定健診

忙しい現代人のための生活習慣病新予防法

フリーマガジン岐阜咲楽様から、岐阜県で最も有名な生活習慣病クリニックとご評価いただき、生活習慣病に関する取材を受けました。 2019年12月号に記事が掲載されました。

2019.12.03 | ブログコメントはまだありません

将来起こりうる健康問題の予防

外来診療とは外来で提供されているあらゆる医療ケアを指します。
その目的は「現在ある疾患の治療」と「将来起こりうる健康問題の予防」です。

最近の医療の進歩により、がん・心臓病・脳卒中・肺炎など多くの病気が予防できるようになりました。
予防は一次予防・二次予防・三次予防に分けられます。

一次予防とは病気にならないようにすること。

・予防接種でインフルエンザと肺炎を予防します。
 全年齢が毎年10月にインフルエンザワクチン、65歳を超えたら肺炎球菌ワクチン。

・肥満であれば、食事や運動を見直して減量することで動脈硬化やがんを予防します。
 個別の目標を立てるなどの減量支援。

・喫煙者であれば、禁煙することで動脈硬化やがんを予防します。
 チャンピックス内服による禁煙治療。

・ピロリ菌陽性であれば、除菌することで胃がんを予防します。
 ランサップ内服による除菌治療。

二次予防とは早めに病気を見つけること。

・健康診断で動脈硬化の危険を確認します。
 高血圧・脂質異常・糖尿病に関する身体計測と血液検査を行う特定健診・すこやか健診。

・がん検診で治癒可能ながんを確認します。
 大腸がんに便潜血、前立腺がんにPSA、乳がんに乳腺撮影、子宮がんにPapスメア。

三次予防とは病気の合併症を防ぐこと。

・高血圧・脂質異常・糖尿病をコントロールして、それらの合併症である心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

当院は総合的な健康管理であなたとご家族を病気からお守りいたします。

2015.04.07 | ブログコメントはまだありません

米国糖尿病学会の糖尿病診療ガイドライン改訂

Medical Tribune 2015年1月1,8日 Vol.48 No.1,2
米国糖尿病学会が2015年版の糖尿病診療ガイドラインを公表しました。
今回の改訂で注目されることを列挙します。

①2型糖尿病患者の血糖降下療法アルゴリズム。
3カ月間でHbA1cが目標値を達成できない場合は次の段階へ進む。
1.健康的な食事、体重管理、身体活動の増加、糖尿病教育、単剤による治療開始(メトホルミンに限定)
2.2剤併用療法(SU・TZD・DPP4・SGLT2・GLP1・基礎インスリンのいずれか)
3.3剤併用療法(SU・TZD・DPP4・SGLT2・GLP1・基礎インスリンのいずれか)
4.注射製剤併用(メトホルミン+基礎インスリン+食前インスリンまたはGLP1)

当院では昨年から既にメトホルミン、DPP4、SGLT2の順で併用しています。
やむを得ず注射剤併用を要す方には、従来の強化療法であるメトホルミン+基礎インスリン+食前インスリンの方も多数おられますが、新規ではメトホルミン+基礎インスリン+GLP1を用いています。

②すべての糖尿病患者に対して脂質異常症がなくてもスタチン療法を推奨。

スタチン療法が脂質目標値にかかわらず予防として推奨される時代がいよいよ到来しました。
当院では今後も保険診療に基づき脂質異常症に対してのみスタチン療法を行いますが、保険適応の動向に注目していきます。

③通常は25である肥満指数BMIのカットオフ値をアジア系米国人では23とする。

一般人口に比べてアジア系ではより低いBMIでも糖尿病リスクが上昇するという知見に基づく推奨です。
日本人においても肥満の方が減量する際には25で満足することなく23を目指すべきだと考えられます。

2015.01.15 | ブログコメントはまだありません

  • 院長ブログ
  • 患者様の声

医療法人ヘルシア長良内科クリニック

法人名
医療法人ヘルシア
医院名
長良内科クリニック
理事長・院長名
原瀬 一郎
所在地
〒502-0812 岐阜県岐阜市八代2丁目11-1
TEL
058-242-9933
FAX
058-242-9935
診療時間
AM 9:00
-12:00
PM 4:00
-7:00

※予約なしでいつでも受診していただけますが、
予約の方を優先させていただいております。
予約を希望の方は、初めての受診でも
当日を含めてお電話で予約をお取りいただけます。

土曜日午後も診療!

診療カレンダー

Calendar Loading

…休診 …午後休診 …その他

058-242-9934|当院へのご来院が初めての方も含め、診療のご予約を受付スタッフがおとりします。